更年期になると様々な問題が起きます早期発見早期対策が重要

薬で改善できる症状について紹介

認知症の症状と受診

年相応によるものとの違い

もの忘れには年相応の原因と認知症によるものがあり、違いがあります。年齢によるものは体験の一部を忘れるのに対して、認知症の場合は体験したこと自体を忘れます。ヒントを聞いても思い出せないことが多く、物忘れがあるという自覚がないのも特徴です。もの忘れの他に、それま日常的にできていたことができなくなった場合、例えば新聞やテレビを見なくなった、鍋を焦がすことが多くなった、部屋を片付けることがなくなったなどの変化があれば認知症を疑ってみましょう。 認知症の種類によっては薬で症状を鎮めたり、進行を遅らせたりすることができます。進行を遅らせるためには、初期の段階で服用を始めることが必要です。そのためには治る認知症かどうかを見極めるためにも、早期受診が大切なのです。

受診への第一歩

受診する際にはできれば認知症専門医に診てもらいたいものです。最近は「もの忘れ外来」を標榜している病院が増えています。 周囲が心配していても本人には自覚がないない場合、反対に、本人が認知症かもしれないと不安を感じていて、医師からはっきり告げられるのを怖がっている場合、など本人が病院に行きたがらず受診できなくて困っている家族も多くいるでしょう。そんな時は病院と事前に相談をして健康診断や人間ドックに認知症の脳画像診断を組み込んでもらったり、配偶者が「私も診てもらいたいから」と言って一緒に受診したりという方法が抵抗がないようです。また信頼している主治医から、息子や娘からの進言など、本人が誰から言われると一番心が動くかを考えて、その人から言ってもらうのも一つの方法でしょう。

おすすめ

  • 目に効く漢方薬

    活性酸素を除去するための対策が必要です。大阪で黄斑変性症を克服したいという場合はこちらにある専門の医院に相談をしてみよう。

漢方薬の利用

白内障や緑内障の予防には、漢方薬も効果が期待出来ます。現在ではインターネットを通じて漢方薬の処方施設を探すことが可能です。体に生じる老化の兆候を、広く予防出来る漢方薬の性質が大きな注目を集めています。

耳鳴りにも対応

いわゆる老人性難聴にはやはり補聴器がお勧めです。聞こえをよくするだけでなく、耳鳴りを抑えることも出来ます。値段や形状は様々ですので、自分に合った物を選ぶようにしましょう。また高度の難聴で障害者指定されている方は、別に役所への届け出も必要です。

アルツハイマーの治療

アルツハイマーは認知症に多い原因です。脳の変性が原因でゆっくりと進行し改善や治癒は現在の治療では難しく、病気の進行を遅らせる治療が主体になります。治療には内服薬や貼り薬があります。薬は少量から始めることで副作用が起きにくくなります。

更年期障害の治療

更年期障害の治療費は下落傾向です。それは、ジェネリック医薬品の登場が関係しています。更年期障害は、以前は病気としての認識がありませんでした。しかし、現在では早期に改善が必要な疾患として、積極的な治療がすすめられています。