更年期になると様々な問題が起きます早期発見早期対策が重要

薬で改善できる症状について紹介

耳鳴りにも対応

難聴や耳鳴りはまず病院へ

年齢を重ねると、段々聴力が衰えたり、耳鳴りがしたりすることがあります。これは特に老人性難聴と呼ばれ、いわゆる耳が遠くなるというものです。この場合にはやはり補聴器をつけるのがお勧めです。しかし初めて補聴器をつける場合は、どのようにすればいいのかわからないという方も多いでしょう。 まず最初は耳鼻科を受診します。難聴、特に耳鳴りがある場合は、耳の病気が関わっていることが多いからです。特に病気が発見されない時は補聴器を扱っている店舗へ行き、聴力測定をしたうえで自分に合った物を選びます。補聴器には貸出システムもあり、しばらく試した後で選ぶことも出来ます。また補聴器には耳鳴りを抑える効果がありますので、難聴で耳鳴りに悩む方の場合には特におすすめです。

補聴器の相場について

それでは、補聴器の相場は大体どのくらいなのでしょうか。まず一般的なものとして、耳かけ型というのがあります。耳の後ろに本体をかけて使用するタイプの物で、値段は6、7万円から30万円ほどとかなり幅があります。それから、耳の穴に入れるタイプもあります。これは既製の製品はやはり7万円くらい、オーダーメイドになると10万円から40万円ほどです。もちろんオーダーメイドの場合は、その人の耳の形や聴力に合わせて作成されます。 また、高度の難聴で障害者指定をされている方の場合は、補助金給付を受けることが出来ます。この場合はまず役所で申請書をもらい、別途医師の書類も必要であるため多少の時間を要します。大体一か月ほどかかると考えておいてください。